サイト内検索  

青年フェスタ

第28回青年フェスタ記念講演の要旨

第28回 青年フェスタ

 2月18・19日、第28回青年フェスタを開催し、500人が参加しました。実行委員の活躍で大いに学び、交流できました。感動と勇気をもらった記念講演の要旨を紹介します。

 

DSC_0711圧縮

 

民主主義は止まらない

 

「市民連合」呼びかけ人 諏訪原 健さん

 

 

 僕は奨学金の返済額が1600万円を超えています。「自由に生きるのはこんなに難しいのか」と思ったことが、声をあげる原体験の一つです。
 2013年末の秘密保護法成立当時、テレビアナウンサーが、「この国の民主主義は死んだ」って言いました。「本当か」と思ったわけです。2014年1月ごろ、後輩から「秘密保護法反対のデモがある」と言われて、ついて行ったことをきっかけに僕も「やってみよう」と考えました。

 

生活の中に政治を

 まずデモを政治に関わる身近な手段にしようと、新宿、渋谷、原宿など普段生活している場所でデモをして、生活の中に政治を放り込みました。
 SEALDsをつくったのは2015年5月3日。6月頃から毎週金曜日に国会前で抗議行動を始めましたが、根本にあったのは、政治文化をどうやって変えていくか。
 一つは国会前を政治に対して声をあげたい人が誰でも集まれるような象徴的な広場にすること。二つ目は、誰でも抗議行動に参加できる文化をつくる。三つ目は、国会の中と外をどうつなげるかを考え、野党議員を呼んで協力してもらう体制をつくることでした。

 

選挙で変えよう

 しかし、安保法制は成立。僕らは、「選挙で変えよう」と話し、野党共闘の実現に向けて市民連合を結成しました。なぜか。共闘によって選挙に勝ちやすくするとともに、争点を自分たちでつくり、投票率の向上を考えていました。昨年2月に5野党が共闘を確認。政党に政治を任せるだけじゃなくて、政党も私たちが変えていくことができた例でした。
 今、南スーダンでの自衛隊のPKO活動について全国で抗議の声があがっています。一人のおじさんが「抗議しなきゃ」と言い出したことがきっかけです。個人の呼びかけでの抗議が当たり前になっています。僕らが考えてきた、誰もが個人で政治に関わることができる状況を一つ体現していると思います。

 

個人が尊重される社会に

 私たちが考えないといけないのは、個人として生きることが尊重される社会をつくっていくこと。例えば、教育ならどんな家庭に生まれてもチャンスが与えられる状況をつくる。「この先の社会をどうつくりかえていくか」という時に、今苦しんでいる人たちの声が反映される形で考えていかないといけない。誰もが政治にものが言える状況をつくることは、そのためにも必要です。誰もが思ったことを言い、政治を変えることが当然になったときに、僕は個人が尊重される社会がつくられると思います。

第28回青年フェスタの記念講演は諏訪原健さん(市民連合呼びかけ人)

000128回青年フェスタ(ポスターPDF

 

日時:2/18(土) 13時 ~ 2/19(日)12時40分

会場:大江戸温泉物語グループ 箕面観光ホテル

日帰り参加費(2日間共通):2000円(学生無料)

宿泊(2食付):16000円

※教職員以外の参加も可能です。お気軽にお問い合わせください。

 TEL: 06-6768-2330 

 

【2/18(土)】

◆記念講演

「民主主義は止まらない」

  諏訪原 健さん(元SEALDsメンバー、大学院生、市民連合呼びかけ人)

 

 1992年、鹿児島県鹿屋市生まれ。SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)メンバーとして安保関連法に反対して国会前で抗議活動を行った。「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)の呼びかけ人。現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科に在学中。

 

※ 記念講演については、奥田愛基さんの予定でしたがご本人の体調不良のため交代となりました。

 

 

◆レポート交流会: 青年センセイがレポート!!

予定: クラスづくり(小)、授業づくり(小)、保健室、中学校、特別支援教育、小・中・高の実践、臨時教職員 など

 

◆夕食交流会: 楽しい企画が盛りだくさん(^^)♪

 

【 2/19(日) 】

 

①臨時教職員Q&A

②学級経営・生活指導 

③演劇

④作文 講師:土佐いく子(和歌山大学 なにわ作文の会)

⑤絵本 講師:鈴木健司(読み聞かせボランティアサークル三丁目の鷹)

⑥たのしい算数

⑦理科を楽しもう 講師:玉井裕和(近畿大学)

⑧未来につなぐ平和教育

⑨苦手な人のための音楽

⑩楽しく取り組む工作活動 講師:安田ひとみ(元大阪市小学校)

⑪どうなん道徳?! 講師:山口隆(大阪教育文化センター)

⑫アイヌの踊り

⑬FBM(ファシリテーションボールメソッド)による実践紹介&体験 講師:河野健三(FBM研究会)

⑭特別支援 講師:千住真理子(“人間と性”教育研究協議会)、大教組障教部

 

第27回青年フェスタのご案内

20160213

第27回青年フェスタチラシ_外面  第27回青年フェスタチラシ_中

 

日時:2/13(土) 13時 ~ 2/14(日)12時40分 

 

会場:大江戸温泉物語グループ 箕面観光ホテル

※参加申し込みが必要です。チラシをご確認ください。

 

【2/13(土)】

◆記念講演: 西谷文和さん

大阪府出身のフリージャーナリスト。学校などでも数多く講演。今回、戦争と平和をテーマに、ご講演いただきます。

◆レポート交流会: 青年センセイがレポート!!
予定: クラスづくり(小)、授業づくり(小)、保健室、中学校、特別支援教育、小・中・高の実践、臨時教職員 など

◆夕食交流会: 楽しい企画が盛りだくさん(^^)♪

 

【 2/14(日) 】
◆実践講座: 二部構成で好きな講座を選べます。

予定: 演劇、絵本、ヨガ、ウクレレ、仮設実験(理科)、太鼓、作文、体育(座学)、算数、特別支援教育、トランプ手品、平和、学級じまい など

第27回青年フェスタ ポスター できました。

第27回青年フェスタポスタ

充実した企画で、たくさんの青年教職員の参加をお待ちしています。

第27回青年フェスタ 第1号ビラ

第1号ビラ

速報的なビラができました。ご覧ください。

第27回青年フェスタ実行委員会より

2015年第26回青年フェスタのご案内

20150214fes

2015年第26回青年フェスタのご案内

 

日時:2015年2月14日(土)13時~2月15日(日)12時40分

 

記念講演

『今こそ学ぼう憲法を!~青年教職員にこれだけは伝えたい~』

伊藤真さん(伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長)

 

参加費:日帰り2000円、全日程参加14000円(1泊2食付)、日帰り夕食付7000円、夕食なし宿泊9000円(朝食付)

 

※フェスタの内容はこちら

 

お問い合わせは、青年フェスタ実行委員会事務局(大教組)へ。

TEL 06-6768-2330

第25回青年フェスタ実行委員募集!

第25回青年フェスタ実行委員募集!
チラシ


 2014年2月15日(土)~16日(日)に、第25回青年フェスタを開催します!
 青年同士が交流を広げ、深めながら、楽しいフェスタになるような取り組みをみんなで作り上げます。ぜひ参加して下さい!待ってます♪



☆第2回実行委員会:10月5日(土)
 たかつガーデン「ガーベラ」

☆第3回実行委員会:11月9日(土)
 たかつガーデン「ローズ」

☆第4回実行委員会:12月7日(土)
 たかつガーデン「ローズ」

☆第5回実行委員会:1月25日(土)
 たかつガーデン「カトレア」

*実行委員会の打ち合わせ時間は、18時~20時です。

第24回青年フェスタのご案内

第24回青年フェスタ
わらって 和んで 輪になって

 

日時:2013年2月16日(土)13時~17日(日)13時

会場:箕面観光ホテル 阪急箕面駅下車徒歩5分

参加費:13000円(1泊2食付き)

主催:第24回青年フェスタ実行委員会

後援:大阪教職員組合・同青年部

 

青年フェスタの詳細を掲載した「大阪教育」号外はこちら(表面 裏面

お問い合わせは、大教組本部(TEL:06-6768-2330)へ。

 

青年フェスタへのご案内

(続きを読む…)

青年フェスタ案内チラシ

>>>青年フェスタチラシ外面

>>>青年フェスタチラシ中面

「たくさんの出会い ふれあい 語り合い みんないっしょに」

を合言葉に大阪府内各地から多くの青年が箕面に集います。

多くの仲間を誘って、気軽にご参加ください。お会いできるのを楽しみにしています。

前のページ